2022-10-29

大学生を狙う悪徳商法に気を付けて!

  • facebookでshareできます
  • twitterでshareできます
  • lineでshareできます
今年4月から成人年齢が18歳へ引き下げられました。
今、この世代への悪徳商法の被害相談件数が増加傾向にあります。
 

どうして危険にさらされているの?

親の同意がなくても契約ができる

親の同意がなくてもクレジットカードやローンなどの契約ができるようになる一方、未成年であることを理由とした契約の取り消しができなくなり、結んだ契約を守る責任を負うことになるのです。
このことにつけこんだ悪徳商法のニュースが最近増えてきています。
 

大学生を狙う悪徳商法

あなたは以下の悪徳商法について、どんな手口か、どのような被害に遭うか知っていますか?
 
  • オーディション商法
  • マルチ・マルチまがい商法
  • 就職活動につけこむ資格商法
  • 利殖商法(利殖勧誘事犯)
 
知らない悪徳商法の言葉はワード検索してみましょう
代替文字
 
 

被害に遭わないために

知識があれば防げる危険がある

被害に遭うか、遭わないかの分かれ目は早期で「怪しい」「犯罪に巻き込まれているのではないか」と気づくかどうか。
そのために、知識を持つことはとても大切です。


大学生協 かしこい生活のすすめ

ダマされないチカラHandBOOKはもう読みましたか?


以前、Coeでも紹介したダマされないチカラHandBOOKは、みなさんのトラブル回避に役立つ情報が掲載されています。
コチラのリンクからすぐ読めるのでぜひチェックしてみてください(無料です)

ダマされないチカラHandBOOK Web版
関連リンク  
 

困ったときは早めに相談を

「ちょっと怪しいかも」と思った時、「まさか…私が」「いやいや大丈夫」と正常バイアスが働くことがあります。正常バイアスとは自分にとって都合の悪い情報を無視したり過小評価したりするという認知の特性です。この心理状態がより被害を拡大させたり、解決まで時間を要することになることもあります。
少しでも違和感を感じたら、相談をしましょう。
相談をする人がいない、という時はこちらを参考に。

相談窓口(消費者庁)
学生生活110番に加入している大学生協組合員の方は連絡先などを確認しておきましょう

学生生活110番とは

 
  • facebookでshareできます
  • twitterでshareできます
  • lineでshareできます